NPO法人オーソティックスソサエティー会員
日本靴医学会準会員・日本義肢装具学会会員             

コラム

大阪でインソールのオーダーなら専門店の【フットマークス】へ!パンプスにも対応~インソールとO脚の関係~

よく耳にするO脚ってそもそもどんな状態?

よく耳にするO脚ってそもそもどんな状態?

膝関節は脛骨(スネ部分の骨)と大腿骨(太もも部分の骨)で成り立っており、大人の膝は真っ直ぐな脛骨に対して大腿骨の上部が外側に開く構造で支えられています。一方O脚は、膝部分の脛骨や大腿骨が外側に開き、立ったときには膝の間が開いて見える脚のことを言います。

O脚は骨が曲がっている印象があるかもしれませんが、そうではありません。骨を動かすのに欠かせない筋肉をアンバランスに使っていると、鍛えられる筋肉と衰える筋肉にわかれパワーバランスが崩れます。鍛えられずに衰え、硬くなった筋肉が骨を引っ張ってO脚などを引き起こすのです。

O脚は膝の痛みの原因になったり、筋力のさらなるアンバランスを引き起こす可能性もあります。O脚にお悩みであれば、歩き方や姿勢など日常生活にも意識を向ける必要があります。

インソールのオーダーは大阪の【フットマークス】へ
~専門店ならではのオリジナルインソール~

インソールオーダー大阪の【フットマークス】にお任せください。接触面に凹凸を作り、足の形状をサポートすることで衝撃吸収に繋がり、体重のかかる位置を調整できます。それにより、痛みの緩和や本来の足の機能を取り戻します。

これまでのインソールは、足の形のみを評価し静的な状態でのフィッテングに基づくのが一般的で、歩き出したときの足のケアや衝撃吸収はあまり考えられていませんでした。インソールの専門店である大阪の【フットマークス】は、歩き方や体重のかかり方などを研究し、オリジナルインソールを製作します。

大阪でインソールのオーダーなら【フットマークス】
~パンプスにもしっかりフィット~

大阪でインソールのオーダーなら【フットマークス】~パンプスにもしっかりフィット~

大阪でインソールのオーダーなら【フットマークス】が承ります。スニーカーやパンプスなどのかかとを後ろから見てみると、外側がすり減ってソール面が外側に傾いていませんか?

この状態のまま歩き続けると、O脚が増強され膝に大きな問題を引き起こす可能性があります。インソールを活用して適切な歩き方をすることで、正しい膝の動きで歩くことができます。

【フットマークス】では各パーツを組み合わせてインソールを手作りするため、スニーカーやパンプスなど様々なシューズに対応します。オーダーでそれぞれに合ったインソールを製作しますので、膝の痛みやO脚にお悩みの方もまずはお気軽にご相談ください。

お役立ちコラム

インソールのオーダーなら【フットマークス】へお任せ

サイト名 フットマークス
住所 大阪市平野区喜連4-17-12 1F
電話 06-6700-1192
URL http://footmarks.jp

前のページへ

次のページへ

営業日のご案内

令和元年6月
           
             
定休日      定休日       
9 10 11 12 13 14 15
      定休日       
16 17 18 19 20 21 22
定休日      定休日       
23 24 25 26 27 28 29
      定休日      

営業日のご案内

令和元年7月
30  2 3 4 5 6
      定休日       
7 8 9 10 11 12 13
定休日      定休日       
14 15 16 17 18 19 20
      定休日       
21 22 23 24 25 26 27
定休日      定休日       
28 29 30 31      
      定休日