NPO法人オーソティックスソサエティー会員
日本靴医学会準会員・日本義肢装具学会会員             


コラム

偏平足のインソールは大阪の【フットマークス】~自分に合ったインソールで快適なウォーキング!偏平足対策にインソールが有効な理由~

足のアーチとインソールの役割

足のアーチとインソールの役割

足の裏には内側・外側の縦アーチと横アーチの3つのアーチがあり、体重がかかる瞬間にアーチが衝撃の吸収や分散を行います。

中でも重要なアーチは土踏まずのある内側縦アーチです。このアーチが崩れて足の裏が平になった偏平足は、歩行の衝撃が上手く吸収されず膝への負担が大きくなり、歩行時に痛みが出たり疲れやすかったり、足の裏が常に伸びた状態で足底筋膜炎を招くこともあります。先天的な要因ではない場合、運動不足やペタペタとした歩き方など長年の生活習慣により偏平足になることもあるため、健康のためにもしっかり対策をする必要があります。

インソールは、接触面に凹凸を作りアーチや足底筋膜の適切な動きをサポートします。足の形にフィットしたインソールを使うことで運動時の衝撃を吸収し、痛みの緩和や本来の足の機能を取り戻す役割を担います。

偏平足のインソールは大阪の【フットマークス】へ

偏平足のインソールは、【フットマークス】が製作するオリジナルのインソールをご利用ください。偏平足は、衝撃吸収が上手くいかず歩行中のつま先への重心移動を阻害し、膝や腰へも負担を増大させます。そこで役立つのがインソールですが、市販のインソールは動かない足の形を基準にして作るため、人によって合わない場合があります。

大阪にある【フットマークス】では、歩き方とインソール、靴の相互関係を研究し、適切な歩き方をサポートします。一人ひとりに合ったインソールを製作しますので、お気軽にご相談ください。

偏平足のインソールでウォーキングも快適に

偏平足のインソールでウォーキングも快適に

偏平足のインソールは、【フットマークス】にお任せください。インソールを作る際、まずフットプリントで偏平足などの足の形を測定して中敷き凹凸の位置を検討し、足を含めた下肢全体の関節の変形、可動域、既往歴に至るまで歩行に影響を与えていそうな要因をチェックします。

また、足だけではなく姿勢の歪みや変形、片足立ちをした際のバランスなどを評価し、ウォーキングの様子を撮影して観察・分析を行います。さらに、左右それぞれインソールの裏面の凹凸位置や形状、高さを微調整しながら最適な歩行を実現するインソールを製作します。

ウォーキングやちょっとした外出など、快適な毎日に繋るインソールをお探しの方は、ぜひ【フットマークス】へお問い合わせください。

お役立ちコラム

偏平足にはインソールで対策【フットマークス】

サイト名 フットマークス
住所 大阪市平野区喜連4-17-12 1F
電話 06-6700-1192
URL http://footmarks.jp

前のページへ

次のページへ

営業日のご案内

令和元年6月
           
             
定休日      定休日       
9 10 11 12 13 14 15
      定休日       
16 17 18 19 20 21 22
定休日      定休日       
23 24 25 26 27 28 29
      定休日      

営業日のご案内

令和元年7月
30  2 3 4 5 6
      定休日       
7 8 9 10 11 12 13
定休日      定休日       
14 15 16 17 18 19 20
      定休日       
21 22 23 24 25 26 27
定休日      定休日       
28 29 30 31      
      定休日